AVを自主制作し儲けるまでのコンサルティング

コンサルティング生を募集します

平成30年3月より6期生を募集します。

当初、無料でお渡ししているレポートをお読みになった方々を対象に、メルマガで集客方法などのノウハウをしばらく無料で配信していたのですが、与えた課題をこなしてくれる読者さんが極端に少ないため、メルマガでの指導をやめてマンツーマン方式に切り替えたのがこのコンサルティングです。

メールによる指導は、単に文章をメールで送るだけなので私の手間がかからないというメリットがあったわけですが、情報を受け取る側にしてみれば何ら拘束力も義務感もないために、面倒な作業をしなくても何も問題が生じないというデメリットがあります。

しかもタダでしたからね。無料というのはモチベーションが続かないことがよく分かりました。そりゃそうですよね。普通の人はやらないですよ。仮に私が同じ立場であれば、「ふーん。そうなんだ。」ということで、単に情報収集で満足していたと思います。

そのような経緯からメールでの無料講座は廃止することにして、それに代えてスカイプによる通話での有料コンサルティングを始めました。

 

結局はお客さんを集めるところに帰結します

1期~4期のコンサル生とメール講座の受講生との差を見ると、やはり「集客法を知っているかどうか」という点が、その収益に大きな差を生んでいることが分かります。

世の中には素晴らしい商品を持っている企業はたくさんありますが、中には大企業より優れた製品を持っているにも関わらず、売り方が上手ではないために消えていく企業や商品がたくさんあるわけです。

それは自作のAVだって例外ではありません。ポイントは、いかに同じお客さんと数多くの接触機会を持つかどうかにかかっているのです。

つまり「ファン作り」というところに落ち着くわけですが、ファンを増やすには、もちろん作品が良いという前提があってですが、同じ人との「接触機会を増やす」ことしか方法はありません。

1年の間に、テレビに1回しか出ない芸能人と、年に100回出る芸能人では、後者のほうが圧倒的にファンが多いのはそういう理由です。

 

委託販売サイトだけではなかなか利益が出ませんね

アダルト版のFC2コンテンツマーケットなど、自作コンテンツを販売できるサイトは数ヶ所あるわけですが、出品して分かることは想像した以上に売れないということです。

これは複数のメール講座受講生から相談があったので間違いないところですが、有料販売であるコンテンツマーケットへ作品を並べただけではほとんど売れません。

 

そこで、FC2動画のアダルト動画無料視聴版に作品のサンプル動画をアップし、そこから有料販売であるコンテンツマーケットへお客さんを誘導するというような使い方をするのが一般的です。

確かに無料視聴版にサンプル動画をアップすると、そこから有料コンテンツの案内画面まではお客さんが来るのですが、結局は有料動画の購入までには至ってくれません。

『どうしてですか?』

このように質問されるわけですが、そこが分からないと、お金を取って自分の動画を買ってもらうことは出来ないわけです。

その理由を知っているかどうかが、1期~4期の受講生とメール講座の受講生の差ですね。

ちなみに、第1期生のコンサル生の1人は何度もFC2の人気販売者ランキングに登場していますし、常に月収100万円を超えています。また副業でやっているにも関わらず、月収40~50万円程度ならゴロゴロいます。

そこまで来るのに約年半。

その過程をあなたにレクチャーします。

 

コンサルティングを受けるにあたり

(1)スマホかPCでスカイプ通話が可能な方
メールでのやり取りでは微妙なニュアンスが伝わりにくいし、文書での説明はとても困難なことは経験上分かっています。ですので、コンサルティングはスカイプ通話で行ないます。スカイプは無料なので、通話代を気にせずにいくらでも会話を交わすことが可能です。

(2)個人情報を明かす必要はありません
スカイプは専用のIDによってネット上の回線がつながるので、あなたの電話番号や氏名、住所などが私に知れる恐れがありません。ですから、身元が特定されることはありませんのでご安心ください。

(3)まだ何の準備も整っていなくてもOKです
モデルさんの確保や撮影機材などの準備が出来ていない段階でも大丈夫です。初期段階からじっくり相談に乗ります。

(4)パソコンやインターネットに関する知識がなくてもOKです
コンテンツの販売はパソコンを使いインターネットを経由して行ないますが、それらに関する知識がなくても大丈夫です。私自身も全く無知な状態から始めましたので、経験がない人の気持ちは理解できます。丁寧にレクチャーしますので安心してください。

(5)あなたの個人情報を明かさず合法的に販売する方法をレクチャーします
レポートでは匿名で販売できる方法として「Gumroad(ガムロード)」をご紹介しましたが、いくら匿名で販売する方法を知っていたとしても、あなたを信用してくれるお客さんを抱えていなければ売りたくても売れないという、いわば根本的な問題は解決できません。そこで、このコンサルティングでは、匿名でありながら安心してあなたのコンテンツを直接買ってもらう方法、そのようなお客さんを見つけ、またお客さんのメールアドレスまで入手する方法をレクチャーします。これであなたも販売先がない、という根本的な問題は解決できます。

 

コンサル受講生の感想

兵庫県 34歳 自営業 Sさん

問1. コンサルを受講した動機は?

ここ数年、自営の収入が右肩下がりになっており、何か別な方法での収入の柱を作りたいと思っていました。以前からアダルト動画の撮影に興味があっていろいろ調べていましたが、何事も経験者から教わるのが最も早道だということは経験上分かっていましたので、磯金さんのサイトを発見したその日のうちにお願いしようと決断しました。

問2. コンサルの内容はいかがでしたか?

アダルト業界の内情については全く分からないド素人でしたから、質問に対する回答内容の多くが新鮮に感じられましたし、経験者にしか分からないような具体的なアドバイスには本当に感心させられました。例えば売上げアップの相談の時、アドバイスしていただいたとおりに実行したところ、すぐにお客さんの反応があって実際に売れた時にはびっくりしたのを思い出します。磯金さんのマーケティングの知識の豊富さには驚かされました。

問3. 現在の作品数と平均的な月間売上げは?

コンサル期間が終了して2年くらい経つと思いますが、作品数は50本を越えたところです。今でも月に2~3本は新作を出していますが、先月の売上げは41万円でした。経費が8万円くらいですから、粗利で8割程度は確保できています。とりあえず、現在は生活に対する不安は解消しています。

 

静岡県 23歳 フリーター Tさん

問1. コンサルを受講した動機は?

就職してサラリーマンになることには興味がないことと、これまでに歴代の彼女をスマホで撮影していたのでハメ撮りで稼げるかもしれないと思ってネットで検索していたら磯金さんのサイトを見つけたので相談しました。

問2. コンサルの内容はいかがでしたか?

ただ単にセックスを撮影するだけではあまり売れないということを知ったのが衝撃的でした。自分が気持ちよかったセックスのシーンを撮影して売るのではなく、動画を買ってくれたお客さんが気持ちよく射精できることを考えながら動画を撮らなければいけないという磯金さんの言葉をキモに命じて今も撮影しています。

問3. 現在の作品数と平均的な月間売上げは?

27本目になりました。ある特殊なマニア向けの作品なので1本あたりの売上げは少ないですが、今でも初期の作品がコンスタントに売れています。平均すると月に20万円後半くらいですが、セックスなしの作品のほうが売れ行きが良いので制作コストが安くて済んでいます。収入的には継続して20万円以上は確保できているので、フリーター時代よりは稼げています。

 

<募集要項>

■初級コース
費用:7万円(税込み) 期間:コンサル費用を回収するまで

内容:モデルの確保、AVコンテンツのコンセプト、撮影準備から編集、集客、販売方法、顧客管理など、全ての点において相談、アドバイス等を行ないます。主に立ち上げから販売方法の確立までカバーします。

■中級コース
費用:18万円(税込み)期間:月間売上げが50万円を超えるまで

上記に加え、さらに集客、販売方法の部分を強化します。

■事業化コース 費用:35万円(税込み)期間:事業化をお手伝いします

上記に加え、会員サイトの立ち上げ、運営まで指導します。

■延長コース 期間:相談のうえ決定します

 

募集人数については私のキャパしだいですので、都合によって締め切ります。ですから、次回に訪問されて申し込みできない状態になっていた場合は何卒ご容赦ください。

 

<お申し込みは下記のフォームから>

>> コンサルティングのお申し込みへ <<

 

ご質問がある方は下記のフォームよりお願いします。

>> 問い合わせフォームへ <<

 

投稿日:2017年10月10日 更新日:

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>