コラム フェチ

「ヌキどころ」を考える

投稿日:

 

特殊なケースを除き、ほとんどの男性にとってAVを観る目的といえば、そりゃ射精(ヌク)するためですよね。

それぞれが好きな作品を選び、動画を再生し、そして自分が好むシーンを観ながら最高のタイミングで射精するわけです。

それはまさに至福の数秒間と言えるでしょう。

 

生身の女性を相手に射精するのとはまた違った満足感を得られるのがオナニーの醍醐味でもあります。

例えいつでも抱ける奥さんや彼女がいたとしても、それでも隠れてオナニーする男性が多いのは、オナニーでなければ得られない特別な何かがあるからに違いありません。

ですから、わたし達のような動画を供給する側が考えなければならないのは、自分の作品でオナニーしてくれるお客さんに対し「いかに気持ちよく射精してもらえるシーンを盛り込むか」ではないでしょうか。

 

そこで「AV鑑賞でオナニー」という行為をよくよく考えてみると、多くの男性が射精する動画のシーンは、果たして一緒なのかどうかという疑問が湧いてくるわけです。

試しにネットで検索してみると、Twitterで次のようなツイートを見つけました。

 

 

自分でも思っていましたが、やはり「男優さんの発射に合わせる」という男性は少数派のようですね。

思い返してみましたが、これまでのAVオナニーで、男優の発射のタイミングで自分も射精したことはほとんどないと思います。

 

どんな男性にも「フェチズム(性的嗜好)」はある

 

わたしの嗜好のお話で大変恐縮なのですが、わたしの場合は上記のような画がとても好きですね。

わたしにとって、男優さんのチ〇ポの挿入は全く必要はありません。

カメラが女性器にズームした状態で、できれば女性器を開きぎみにして指や舌で愛撫しているシーンが長ければとても満足してイケます(笑)

そういう意味では、わたしも「自分の高まりに従う」というタイプに当てはまりますね。

このように、それぞれの男性にはそれぞれのヌケるシーンというものがあると思うわけです。

 

ヌケるシーンを用意してあげる

 

コンサル生さん達には初回のコンサル時には必ずお伝えしているのですが、それは「自分なりのフェチを考えてみる」ということ。

それはすなわち、『自分なりのヌケるシーンは?』ということに繋がると思うのです。

 

自分がヌケるシーンを撮影し、そのシーンで購入者さんにもヌイてもらう。

これほど制作者冥利に尽きることはないではありませんか。

 

自分の感性に共鳴してもらえるファンを多く持つこと。

そこを追求し続ければ、決して売れないことはありません。

 

-コラム, フェチ
-, ,

執筆者:

関連記事

ヤリ部屋を作って若い子同士のセックスを撮影した話

  前回の記事で少し触れた「ヤリ部屋」の話をしたいと思います。 私はこれまで20歳くらいから40代後半までいろいろな年齢の女性とたくさん経験してきましたが、実は他人のセックスをナマでじっくり …

【モザイク解禁か!?】合法的に無修正AVを作れる時代がやってくる!

  日本全国の男性諸氏に朗報です。 これまで国会でなかなか議論が進まなかった、「刑法第175条」の改正に向けて一気に進展しそうな状況がやって参りました。   先日、Twitterに …

<妊婦愛好>妊婦とのハメ撮りセックス

  1ヵ月ぶりの更新となりました。   お盆休みですね。 昨日は我が本家に大勢の親戚が集まったのですが、甥っ子のお嫁さんがもうすぐ臨月ということで、その大きくて立派なお腹を皆の前で …

援交募集してハメ撮り動画を販売したいが、そもそも援助交際は犯罪ではないのか?

今回もブログ読者さんからいただいた質問への回答をシェアしたいと思います。 この方もあなたと同じようにハメ撮り動画の販売をしたいと考え、ネットで検索しているうちに私のブログを見つけてくれたようです。 & …

主婦をハメ撮りモデルにする場合の注意点

  無料で配布しているレポートをお読みの方はすでにご存知のとおり、私の活動初期の頃のモデルはもちろん、プライベートでお付き合いしていたのはほぼ既婚女性でした。 (なかにはバツイチや未婚熟女も …

レポート進呈

本サイトへのリンク

大人の素材