コンサルティング 撮影テクニック

早漏なのでハメ撮り挿入シーンの尺が稼げないんですが・・・

投稿日:2019年2月4日 更新日:

2月に入って、ようやく記事を更新する時間が取れるようになってきました。

書ける時に書いておかないと、またしばらく更新できなくなるかもしれないので頑張ります。

 

さて、今回もコンサル生さんからの相談ネタをお送りします。

 

早漏なので挿入時間が短いという悩み

 

今回の相談者は、26歳、独身、会社員のTさん。

副業で昨年からハメ撮り動画の販売を始めました。

 

表題のとおり、彼の悩みは「早漏」であるという点です。

早漏ではあるのですが、しかし決して女性経験が浅いというわけではないんですよね。

ヒアリングでは、高校時代から現在まで4人の彼女とセックスを含めた付き合いはあるとのことです。

 

しかし、歴代の彼女のなかには、早漏であるがゆえにフラれてしまったケースもあるのだとか・・・

調子の悪い時だと、チンコを挿入した途端に射精したくなるのだそうです。

 

う~~ん、かなり重症ですよね。

なんとなく童貞を卒業した頃を思い出します(笑)

 

これではハメ撮り監督として仕事にならないですよね。

でも、解決策はいろいろ考えられます。

 

ハメ撮り監督がもし早漏だったとしたら

 

【下ネタシリーズ】早漏は遺伝
こんなTシャツが売られているようです。

 

もし早漏は遺伝だというのが本当であれば仕方ないと諦めるしかないのかもしれませんが、実はある種の訓練をすれば多少は改善されるようです。

昔むかし、サラリーマン時代の大先輩に「チンコの鍛え方」について教えられたことがあるのですが、その先輩の若い頃は皆、常日頃から歯ブラシで亀頭をこすって鍛えていたそうです。

それを聞かされた時、歯ブラシというのはずいぶん過激だな~と思ったものですが、もし若い時から私がそうしていれば亀頭はかなり鈍感になっていたのではないかと思います。

もしあなたが早漏ぎみでお悩みなのであれば、これから半年後を見据えて「歯ブラシ」で鍛えることを今日から実践してみてはいかがでしょうか。

 

とはいえ、今から「何かで鍛える」という方法は今回の相談者にとっては即効性がありません。

なので、もっと現実的な方法を考えてみましょう。

 

キシロカインゼリー

キシロカインゼリー

これは新婚当時、私も愛用していた医薬品です。

何しろ若い頃の私の奥さんは腰づかいが激しく、情けないことにすぐにイカされてしまっていたので私も少し悩んでいたのです。

 

キシロカインゼリーは粘膜の「表面麻酔」に使う薬です。

もう昔の話ですが、胃カメラを飲むときに麻酔薬として喉に貯めてからゴックンしていました。今はスプレーで喉を麻酔することが多いようですね。

尿道カテーテルを挿入する時にも使われているようです。

これを亀頭全体に塗ってから10分くらい経つとほんの少しですが亀頭の感覚がマヒしてきます。しかし勃起力が衰えるわけではありませんからセックスには全く問題はありません。

亀頭の感覚が鈍ってきたら、シャワーで流してしまえば仮にフェラチオをしてもらっても女性側には何も害はありません。そもそも喉の麻酔で最後には飲んでいたくらいですから全くの無害です。

 

バイアグラ

私自身、バイアグラには大変お世話になりました。

というか今も現役で使っています。今となっては奥さんには年に数回しかお相手してもらっていないのですが、家の外には彼女がおりますのでね。

 

「ハメ撮りにおける性病対策」の記事でも書きましたが、調剤薬局を経営している友人がいるものですから、バイアグラは仕入れ原価で譲ってもらえるのでとても助かっています。

バイアグラを使用するとチンコは当然硬く勃起するのですが、なぜか挿入時間も長持ちするのです。

ネットで調べても明確な理由は分かりませんが、勃起力が回復して長持ちするならまさに一石二鳥ですね。

 

プリリジー(ダポキセチン)

これは世界初の早漏治療薬です。

ウィキペディアによると、ダポキセチンという医薬品がフィンランドやスウェーデン、オーストリア、ドイツ、イタリア、イギリス、ポルトガルなどのヨーロッパの多くの国で早漏治療薬として認可されたそうです。

そして、世界初の錠剤型早漏治療薬として、ヤンセン社からプリリジー(Priligy)という商品名で処方薬として発売されています。

日本でも2012年6月から厚生労働省の許可を得て輸入されているそうなので、調べてみるとどこかの泌尿器科で処方してもらえるかもしれません。

また、おそらく医薬品の個人輸入の通販を利用すると安く手に入るでしょう。

 

カメラワーク

これは直接的な早漏改善策ではなく、いわゆる撮影テクニックでごまかす方法です。

彼の悩みは「挿入シーンの尺が短い」ということですから、それならば、マンコとチンコが映っていないカメラアングルで撮影するときに擬似挿入にすれば解決します。

例えば、上の画像のようにバックでパンパンやるシーンを彼女の顔の方から撮る場合、挿入せずにパンパンやればいいですね。

これならばいくら早打ちマック(年がバレる!)であろうとも30分でもパンパン可能でしょう。

 

SM系にシフトする

いっそのこと、ほとんどチンコを使わないSM系の作品を作ってはいかがでしょう。

女性を拘束し、いろいろな器具で責めるような作品であれば、最後にちょっとだけ挿入し射精すれば視聴者は満足してくれるはずです。

こういうのは嫌いですか?

個人的に、私はとても好きですけどね。

 

 

-コンサルティング, 撮影テクニック
-

執筆者:

関連記事

ハメ撮りしていると途中で萎えてしまう「ハメ撮りED」の悩み

  コンサル生さんの困り事のひとつに、「ハメ撮りしていると途中で萎えてしまう」という悩みがあります。 それも一人や二人ではありません。これまで、二桁に近いくらいの人達から聞いている話です。 …

まずはハメ撮りしてみよう

  実は、私のコンサルに応募してくる人の約9割(ここ2年くらい)がハメ撮り未経験者というデータがあります。 正直、意外な感じがしています。そもそも当初はコンサル依頼をしてくるのはハメ撮り経験 …

女性の本気オナニーを撮影する方法

  女性の本気オナニーはこうやって撮れ 作品のジャンルあるいは作品中の構成要素のひとつに、女性の「オナニーシーン」があります。 女性の本気度の高いオナニー動画に対しては非常に根強いファンが多 …

ハメ撮りモデル料(ギャラ)の相場はどれくらい?

  これからハメ撮り販売をしようと考えているあなたにとって、ハメ撮りモデルに支払う金額についてはとても関心が高いのではないかと思います。 そこで今回は、エロ動画有料会員サイトを運営していた私 …

ラブホの照明に注意 -暗い映像は売れません-

ラブホには、こんな暗い部屋が結構ありますよね。 こういう部屋しか残っていなかった場合、照明をきっちり用意しないと撮影にはなりません。     「売れません」とタイトルでは言い切って …

レポート進呈

本サイトへのリンク

大人の素材