コラム 事例

【事例紹介】自作ハメ撮りAVで儲けるためのモデルケース

投稿日:

 

たまたま偶然なのですが、私がコンサルを通して最終的には生徒さん達にこのようにやってもらいたいと推奨しているマーケティング手法をまさに実践している販売者を発見したのでご紹介したいと思います。

「中級コース」以上の方にご紹介したいモデルケースです。

 

 

その販売者さんはこの方です。

ハメキンの素人ハメ撮り

 

私の知る限り、この方は「FC2コンテンツマーケット・アダルト」の販売者ランキング100位以内に登場したのを確認していませんが、おそらく100位前後をキープしているのではないかと推測します。

そう考えると、毎月の売上げは50万円~60万円くらいではないでしょうか。

それくらいの順位であれば、中国系の違法アップロードサイトに目を付けられずに済むと思います。

 

第一作目の発売日は2018年4月20日ですから、丁度1年くらい前にFC2にデビューしたようですが、現時点での作品数は67点ですね。

モデルさん達の一覧写真を公開しているので、数えてみると25人います。ただ、在籍しているモデルさんの数が48人だと販売ページに書かれていることから、未発売の作品ストックがかなりあることが予想されます。

そう考えれば、この方はおそらくサラリーマンの副業でやっているような人ではなく、業界関係者または経験者なのではないでしょうか。

 

業界関係者がマーケティグ手法に優れているかというと決してそうではなくて、例えば「FC2コンテンツマーケット・アダルト」のトップランカーでもマーケティングを上手くやれば今の2倍も売れるだろなぁと思うくらい何も手を打っていないですね。

そんなユルユルな販売手法でもそれなりに売れてしまうのが「FC2コンテンツマーケット・アダルト」なのですから、ハメ撮り販売に興味があるあなたであれば、今すぐ参入しない手はないでしょう。

これから先2~3年はまだ大丈夫だと思いますが、その先は市場がどう変化するかは不透明ですから。

 

では、この販売者のマーケティグ手法をご紹介します。

このサイトをご覧ください。

ハメ撮り通信

 

上記のサイトは、彼の「販促用サイト」です。

このような独自の外部サイトを作ることによって、FC2にアクセスして来ない「見込み客」をネット検索から引っ張って来ることが出来ます。

独自の販促用サイトを作り、そこで自作商品を販売すると「映像送信型風営法に抵触するのでは?」という懸念をお持ちになるかもしれませんが、彼のサイトではその心配はありません。

なぜ風営法に抵触しないのか?

その理由は、コンサル生さんには説明しています。

 

このハメ撮り通信

サイトのメニューにどのような項目があるのか、よく観察して彼の戦術をイメージしてみてください。

きっと、今後のあなたのハメ撮り販売に大きなプラスになるに違いありません。

 

最後に、彼の作品がひとつだけ違法アップロードされているのを見つけました。

リンクを貼っておきますが、自己責任でお願いします。

 

【初撮】顔はロリカワ、身体は激エロの、メイドカフェ勤務の19歳ももこちゃん後編

 

-コラム, 事例
-, ,

執筆者:

関連記事

熟女のハメ撮りのススメ

  もう数年前からの話ですが、熟女作品は熱いです。 なぜ熱いかっていうと、需要に対して供給が圧倒的に足りていないからです。   確かに熟女専門の無修正有料動画サイトがいくつもありま …

パパ活オンナをモデルに誘導する

  パパ活とは   他の記事でも既に触れていることですが、改めて「パパ活」の意味について述べておこうと思います。   コロナ禍の影響でますます大盛況のパパ活市場ですが、実 …

【モザイク解禁か!?】合法的に無修正AVを作れる時代がやってくる!

  日本全国の男性諸氏に朗報です。 これまで国会でなかなか議論が進まなかった、「刑法第175条」の改正に向けて一気に進展しそうな状況がやって参りました。   先日、Twitterに …

ハメ撮りAVで儲けたいなら尽くす男になるべし!

    今回は、ハメ撮りモデルとなってくれた女の子をずっとつないでおくための極意のようなもののお話をしたいと思います。 男女の関係は「出会いが肝心」と言いますので、まずは募集の段階 …

援交募集してハメ撮り動画を販売したいが、そもそも援助交際は犯罪ではないのか?

今回もブログ読者さんからいただいた質問への回答をシェアしたいと思います。 この方もあなたと同じようにハメ撮り動画の販売をしたいと考え、ネットで検索しているうちに私のブログを見つけてくれたようです。 & …

レポート進呈

本サイトへのリンク

大人の素材