思い出話

ある女性コンサル特待生のお話

投稿日:2018年2月10日 更新日:

 

本人の許可が下りたので記事にしてみます。

今からもう7年ほど前の話になりますが、本格的にコンサルを始めた当初、私にとって有料で他人に教えた実績はメール講座の受講生からリクエストされた1件しかありませんでした。

ですから、まずは実績づくりという意味で、無料の「特待生」という扱いで何人かの希望者を募集し、今後の有料コンサルの土台を作ろうと思い立ったのです。

それをメルマガ読者に打診したところ、無料ですから応募者は二桁に達したのですが、なんとその中に女性が二人いたのです。

今回はそのうちの一人、Kさんのお話になります。

 

「自主制作したAVの販売」というコンサルティングに女性が応募してくるなどということは、私は全く想定していませんでしたので、女性の名前でメールが届いた時には正直言ってとても驚いたものです。

しかも複数の女性からですからね。思わず「( ̄ー ̄)ニヤリ」としたのは内緒です。

今もそうですが、コンサル希望者には「プレ・コンサル」ということで事前のヒアリングを行なっていて、応募の動機やどんなことをやりたいかなどの希望を聞いています。

 

当時のKさんの話を要約すると、

OLをしていたが、同僚に誘われたことがキッカケでホストにはまってしまい、消費者金融に多額の借金を作ってしまった。お決まりの風俗で働いてみたが会社にバレてしまい、最終的に某保険会社の総合職という社会的地位を失ってしまった。その流れで風俗が本業になってしまったが、容姿や性格は悪くはないと思うのでOL時代よりはずっと稼げた。そのおかげで借金は完済したが、不特定多数の男性を相手にするのは精神的に病んでしまう。そこで多数の男性の相手をすることなくそこそこの金額を稼げる方法を探していたらこのサイトを見つけた。そこに「特待生」というニュースがあったので応募してみた。満足できる内容であれば有料でも構わないのでお願いします。

 

このような内容でした。

Kさんは応募してきた時点で風俗からすでに足を洗っていて、貯金で生活しながら今後の身の振り方を模索しているとのことでした。

昼間の再就職も考えたらしいのですが、一旦風俗に落ちてしまうと真っ当な就職先は期待できず、仕方がないので水商売かアダルト系を考えていたようです。

 

たくさん稼ぐための見込み客づくり

以下に、私が行なったアドバイスを記してみます。

ただし、これは女性だから可能な方法です。なにせ女性の場合、商品は「自分自身」ですからね。

 

私は、Kさんともう一人の女性特待生に対して「mixi」と「sexi」というSNSにアカウントを作り、エロ日記を毎日書きながら男性会員に「足あと」を付けまくるように指導しました。

当時、アカウントを作るには両サイトとも既存会員からの招待が必要だったのですが、私は自分が運営していた会員制アダルトサイトの会員募集に利用するためにすでにアカウントを持っていたのでスムーズに事は運びましたよ。

sexiは何でもアリで好き勝手にやり放題でした。一方、mixiにもエロ系のコミュニティがたくさんあったのでエロ好きな男性を集めるのは簡単でしたが、管理が比較的厳しいのでやり過ぎるとアカウントが削除される恐れがあり注意が必要でした。

 

それでも彼女達はコツコツと日記を書き貯め、日記にはエロ写メを貼ったりしつつ着実に「マイミク」を蓄積していきました。

女性のエロい日記にはコメントがたくさん付くのですが、そのコメントに返信をすることによって相手男性との親密度が高まり、ひいては優良顧客の基礎となっていくわけです。

で、マイミクがたくさん集まったところで「私のオナニー動画プレゼント」などの企画を発表し、応募サイトを外部に作って日記からリンクを貼り、メールアドレスを収集するようにアドバイスしました。

なかでも最大のヒットは、「あたしとセックスしたい人大募集!」という企画です。

これはマイミク数が限度の1,000人に達した時点で打った企画ですが、抽選で毎月〇人を募集しますという発表をしたところ、応募のメールアドレスが初回で600以上も集まったという驚くべき結果が出ています。

ご想像のとおり、セックスの条件として「その様子を撮影した動画を販売する」ことに同意をしてくれた人が対象なのですが、次回からは動画を買ってくれた人の中から抽選で相手を決定する、という方針が売上げ増のカギになったと思います。

動画を購入すれば抽選される権利が与えられるということで、撮影した動画はどれも300~400本ペースで売れていました。1本980円で販売していましたから、毎回30万円以上の売上げにはなっていましたね。

 

次に仕掛けたのは、アダルトグッズの体験動画によるアフィリエイトと童貞クン達に対するセックスの実地指導です。

アダルトグッズの通販サイトにはアフィリエイトの仕組みがセットされていることが多く、無料で加盟すると自分専用の通販サイトが提供されます。

それとは別に無料ブログでグッズを実演紹介するサイトを構築し、そこから自分専用の通販サイトへ誘導して紹介した商品を購入してもらうという流れです。

無料ブログは私が代行して作りましたし、撮影した動画に修正を入れたりサーバーへアップしてリンクを発行する作業なども私が代行しました。

ただし、利益の半分を成功報酬として受け取っていましたが。

 

「童貞クン達に対するセックスの実地指導」ですが、この企画を実行できたのはKさんだけです。やはり風俗経験者だけあって、テクニックにはそれなりに自信があるようでした。

この企画を思いついたのは、mixiの彼女の日記に対するコメントがヒントでした。「童貞のボクにセックスを教えてください」という書き込みがかなりあったからです。

ただし、実行するにあたり注意しなければならないことがありました。それは、相手からお金をもらうため、本番行為をすると買春になってしまうことです。

「あたしとセックスしたい人大募集!」の企画はお金が発生しないため法的にはセーフですが、「セックスの実地指導」でお金を取って本番をすると違法行為となります。

 

そのあたり、Kさんには充分に注意していました。絶対に挿入は禁止だと。

ただし、密室の中の事ですから私には分かりません。

「ね、Kさん?」

 

あれから6年ほどになりますが、今は結婚され関東で旦那さんと一緒にお店を切り盛りされています。

彼女の過去を知っている理解ある素敵な旦那さんです。

どうぞこれからもお幸せに…

 

 

-思い出話

執筆者:


comment

関連記事

賃貸マンションの店子(入居者)をハメ撮りモデルにした話

  信じる信じないはあなたにお任せします。 およそ5年も会員制サイトを運営しているといろいろなエピソードがあるものです。今回も、そんななかのひとつの出来事をご紹介しましょう。   …

熟女の無料モデル化計画 ー 寸止め地獄 ー

  今回の記事は、ハメ撮りモデルとして熟女を対象としていない方にはあまり参考にならないかもしれませんので予めお断りしておきますね。 若い女の子をモデルとして使いたい方は、下記の記事を参考にし …

酔姦(すいかん)動画を撮ったときの話

  コンサル生に対してはもちろんですが、私の「AVを自主制作し販売する方法」の サイト上でも推奨しているのはフェチ動画の制作です。 「なぜフェチ動画なのか?」というと理屈は簡単。好き嫌いがハ …

ヤリ部屋を作って若い子同士のセックスを撮影した話

  前回の記事で少し触れた「ヤリ部屋」の話をしたいと思います。 私はこれまで20歳くらいから40代後半までいろいろな年齢の女性とたくさん経験してきましたが、実は他人のセックスをナマでじっくり …

旦那の浮気に「仕返し浮気」をする奥さん

  記事ネタを探すため、過去にモデルになってもらった女性のリストを眺めているのですが、なぜ私なんぞに引っ掛かってしまったのか(笑)、鮮明に覚えている女性もいれば、いったいどういう人だったかす …