コラム モデル探し 体験談

圧倒的美少女二人のハメ撮り成功体験談

投稿日:

 

昨年夏に卒業されたコンサル生さん(Eさんとします)から貴重な成功体験談を寄せていただきましたので、公開可能な範囲で情報を共有したいと思います。

 

この方は一昨年に公開した下記の記事を参考に実践を試み、そしてその結果として多大なる成果を収められました。

 

まさに「圧倒的美少女」というほどのレベルの女の子をゲットしたのです。

それも二人ですからね。

 

まだお読みいただいていない場合は参考までにどうぞ。

↓↓↓

ポートレート専用モデルを脱がしてハメ撮りに成功した事例

 

ポートレート希望のモデルさん

 

実践してみて分かったこととして、まずは最近の「モデルカフェ」はヌードまで撮影可能な女の子が大部分を占めていて、純粋なポートレート希望の女の子が少ないという事実。

 

経験が浅そうな書き込みの子を選んで何人かとメッセージのやり取りをしてみたのですが、「ボディタッチなし」や「対応範囲外の強要なし」などの条件を事前に突き付けられてしまったため、交渉を躊躇せざるを得なかったそうです。

 

そこでEさんは、もっと「ウブな」女の子を捜すべくTwitterのアカウントを作成してみたり、とても面白い媒体として思いついた「ジモティー」に募集記事を掲載してみたのです。

 

その結果、それぞれの媒体から一人ずつ飛び抜けて素晴らしい(本人談)モデルさんをゲットし、そしてハメ撮りを撮影したという成果を挙げられました。

 

 

ジモティーの女の子

Eさんは昨年のその時点まではTwitterのアカウントを持っていなかったものですから、アカウントのフォロワーが増えてツイートが機能するまでにどうしても時間がかかります。

そこで、何か即効性のある媒体が他にないか考えたそうです。

 

そこで思い付いたのが、その年の春に中古の自転車を購入するきっかけとなった地元の掲示板「ジモティー」です。

試しにジモティーのサイトで「モデル募集」と検索してみたところ、なんと実際にいろいろな用途でのモデルを募集している投稿があるではありませんか。

「これは使えそうだ!」と直感的に思ったEさんは、他の募集記事を参考にしながら文面を考え投稿してみたのです。

 

すると、すぐに反応があるのがこの掲示板の凄いところだそうです。

「お気に入り」の登録数が増えると同時に、応募の問い合わせメッセージがいくつかありました。

 

現在までに9人の女の子のポートレートを撮影し、ハメ撮りに成功したのはそのうちたった1人ですが、この子の作品がコンマでなんと現時点で800本以上売れています。

 

モデル代は50,000円弱ですが、撮影・販売をOKさせるまでの飲食代などの経費が7万円くらい掛かっているそうなので、実質15万円弱というところでしょうか。

 

それに対しての売り上げは、現時点で200万円弱あるそうなので、今後の売り上げも含めると経費の20倍以上は利益が挙がる作品となるでしょう。

 

※アカウントバレを防ぐため、上記の数字には少なめにフェイクを入れています。

 

 

Twitterの女の子

 

Twitterはジモティーと比較すると、効果を発揮するまでにどうしても時間はかかります。

実際のところEさんも、アカウント作成から撮影に成功するまでに3ヶ月以上かかっています。

 

Twitterの活用方法についてはコンサル内容に含まれていますので、Eさんの目的に合致したフォロワーの増やし方はもちろんですが、面接までの持って行き方やこれが最大のテーマになりますが、いかに撮影・販売を承諾させるかという点について、スカイプコンサルやメール相談など何度もやり取りしています。

 

その結果、ジモティーでゲットした女の子に匹敵するほどの破壊力を持った素敵な女の子をゲットすることが出来ました。

Twitterではまだ4人しかポートレートを撮影していませんが、このうちの1人が圧倒的な美少女なのです(本人談)。

(注)先ほどから「本人談」としていますが、要するに女の子がマスクをしているので磯金には彼女たちの素顔が分からないためです。

でも、目元を見る限りやはりカワイイと思えますし、スタイルも最高ですね。

 

こちらの作品はまだ発売開始から日が浅いため、上記と比べると販売数は少ないですが、それでも発売日からまだ2ヶ月ほどで600本を超えています。

売り上げのペースが早いようですが、やはりこれは前作が良かったことによる影響で、リピーターが無条件で購入しているのでしょう。

 

※アカウントバレを防ぐため、上記の数字には少なめにフェイクを入れています。

 

まとめ

 

Eさんのプチ成功によって改めて実感したことです。

 

モデルさんの、「スタイルが良い」ことと、マスクをした顔でも「目元がカワイイ」という条件が揃えば確実に数100本は売ることが出来るということが改めて実証できました。

言っておきますけど、ただ単に「売れる」という意味ではありませんよ。

発売してただボーっと眺めているのではなくて、あくまで「売ることが出来る」です。

 

参考になりましたか?

 

-コラム, モデル探し, 体験談

執筆者:

関連記事

出会い系サイトを利用するうえでの心構えと使い方のヒント

  コンサル生さんの中には、出会い系サイトを使ってもなかなか女の子とアポが取れないと悩んでいる方もいます。 決して面接する前にハメ撮りの話を持ちかけているわけではなく、単なるワリキリで会いま …

お金がない人は局部にモザイクが要らない動画を撮ってみよう

  このブログに訪問してくださっている方の中には、アダルト動画を撮影し「FC2コンテンツマーケット・アダルト」等で販売してみたいという願望がある一方、肝心な軍資金がないので数万円のモデル料も …

ハメ撮りモデル料(ギャラ)の相場はどれくらい?

  これからハメ撮り販売をしようと考えているあなたにとって、ハメ撮りモデルに支払う金額についてはとても関心が高いのではないかと思います。 そこで今回は、エロ動画有料会員サイトを運営していた私 …

素人のハメ撮りは臨場感や生活感に醍醐味

  私たちのような素人が撮影したハメ撮り動画がなぜ売れるのか、想像できないという人も多いのではないかと思います。 本当に売れるのだろうか? もしかすると、せっかくお金や労力をかけて撮影したハ …

ハメ撮りと性病

  今回、あえて「ハメ撮りと性病」という記事タイトルにしましたが、別にハメ撮りをするしないに関わらず、他人とセックスをすれば必ず性病のリスクを負います。 あなたは今まで性病に感染したことはあ …

レポート進呈

本サイトへのリンク

大人の素材